兆候を知ろう

耳鳴りとは、実際には何の音もしていないのに、あたかも音が聞こえているかのように感じてしまうという症状の事を言います。
この症状自体は決して珍しいものではないです。
しかし、症状が重い場合には不快感だけではなく、不眠やうつ状態等といったストレスを引き起こす可能性があります。
この症状は、本人だけに音が聞こえるタイプと、外部からでも聞く事が可能なタイプの2種類に分類する事が出来ます。
耳鳴りの症状が長く続いたり、頻繁に起きたりする場合には、速やかに耳鼻咽喉科を受診したほうが良いです。
なぜなら、この症状は何かしらの病気のサインで起きる場合もあるからです。
例えば、急性感音難聴や腫瘍等といった病気の影響で起きる場合が考えられます。

耳鳴りの病院での治療方法は、その種類によって方法が異なってきます。
その種類とは、上記した「聞こえているのが本人だけか否か」という分類の事です。
一つ目として、本人だけに音が聞こえる場合には、ステロイドの内服や点滴、高濃度の酸素を吸わせる高気圧酸素療法等が行なわれます。
それ以外にも、局所麻酔薬の注射や鍼灸等を行なう事で効果が出る場合もあります。
二つ目の外部からでも音が聞こえるタイプの場合には、それぞれの原因に応じた治療が行なわれます。
例えば、筋肉の痙攣が原因の場合には抗痙攣薬の投与や、血管に病変がある場合には、それに合わせた治療等が行なわれます。
他には漢方薬を使用した治療方法もあります。
この際に使われる漢方薬は、八味地黄丸や加味逍遥散等になります。